日本聖公会中部教区憲法プロジェクト

この憲法プロジェクトは、2005年中部教区(愛知・岐阜・長野・新潟地域)定期総会において、その設置が決議されました。*日本聖公会とは、英国教会系のキリスト教の教会です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.96  2009年11月21日

中部教区沖縄プロジェクトは他の4市民団体と連名で11月13日、名
古屋のアメリカ領事館に以下の要望書を手渡しました。


バラク・オバマ大統領 様

   アメリカ軍普天間基地の即時閉鎖と
         辺野古への新基地建設の中止を求める要望書

  沖縄はこれ以上の基地による負担を受容することはできない。
  沖縄の人たちは新基地建設を同意していない。
  新基地建設は、沖縄の自然を破壊する。
  私たちは、戦争のための基地建設を拒否します。
  沖縄の人たちは、一貫して普天間基地の県内移設や米軍再編成計画に反対してきました。1950年代半ばに本土から沖縄に移駐してきた海兵隊が、半世紀以上も沖縄に駐留し続ける理由はありません。日米両政府が沖縄の要求を真摯に聞き、「チェンジ」に向かうために決断をすることが必要です。
 (以上「要望書」要旨)

スポンサーサイト

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.95  2009年11月14日

野宿生活に追い込まれる人が増えています!

        切実です。支援を訴えます。<名古屋では>③           

           聖マルコ教会シャワーサービス

 11月のある水曜日、雨降り。朝からカレーの仕込み。今日は特に美味しそうだ。シャワー室の準備。お茶・コーヒーの用意。10時になるとオッチャンたち三々五々に。今日は10人。いつもの皆さん、元気そう。シャワーでさっぱり。
 教会のメンバーも一緒に昼食。大和田先生、元気よくお祈り。午後は居心地のいい部屋でめいめい。横になったり、碁をうったり、お茶したり、テレビ見たり。今日は「釣りばか日誌」のDVD。

 ◇毎週水曜日実施 教会会館で もう10年ほど
 ◇利用者 10~20人 当初からの常連も
 ◇ボランティア 教会員、地域の有志が交互に
 ◇地域の協力 お手伝い 毎月お米提供の方 野菜差入
 ◇オッチャンたちに助けられ 教会敷地の草取り 
バザー(テント張り 駐輪の整頓など)

 ★会館スタッフから
  「お米・砂糖・インスタントコーヒーが足りません!」
  「ちょっとしたバイト仕事を下さい。教会やご自宅の草取りとか。」

  連絡先 名古屋聖マルコ教会(会館) 052―971―7009

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.94  2009年11月7日

野宿生活に追い込まれる人が増えています!

      切実です。支援を訴えます。<名古屋では>② 
          
ボランティアを 調理 運搬 配食 片付け 洗い物 夜回り 手伝いなど
資金・資材を 現金 米・食材 茶・コーヒー カイロ 男性衣類 毛布など

★炊き出し ささしま共生会 毎週月・木  第5土曜日
               名古屋市中区若宮大通高架下ゲートボール場

★デイケアなど
 ○三ツ木荘で 住居 衣類 休憩 緊急避難所 相談など 
 ○聖マルコ教会で 毎水曜 シャワー 食事 衣類 談話 リクレーション
 ○笹島人権センターで 緊急避難所 識字教室 衣類 相談など

★夜回り(深夜パトロール) 名古屋夜回りの会
 毎土曜 名古屋市内数コース 安否・緊急対応 お茶 薬 カイロ 毛布など
       ご支援いただく際、お問い合わせ下さい。

 ☆ささしま共生会    052-841-3021 中部教区センター3F
 ☆聖マルコ教会会館   052-971-7009
 ☆笹島キリスト教連絡会 052-781-0165 名古屋学生青年センター内 


 ご案内

 ☆ボランティア講座 参加者募集 無料 ささしま共生会主催   
11月14日(土)18時~ 中部教区センター
    野宿生活者を生む社会について スライド・お話:松本 普さん
    希望者は21時より「夜回り」体験

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.93  2009年10月31日

野宿生活に追い込まれる人が増えています!

 ある月曜日午後7時、食事の整理券を受け取る人がどんどん集まってきます。名古屋市中区若宮大通高架下ゲートボール場。今日は聖公会の当番。配食の準備、生活相談コーナー、散髪の用意、テレビ・カラオケ・ゲームなどのセッティング。たくさんのボランティアによって手際よく進みます。午後8時配食開始。今日は中華丼。いつもシンプルな丼もの中心。
 午後いっぱいかかって福信館で調理。各教会から、一般市民の皆さんの手で。名古屋近辺だけでなく、新潟や長野からもお米、野菜、カンパなどが届けられます。
 配食にならぶ列がみるみる長くなります。このごろ若い人、ごく普通の勤め人風の人たちが目立ちます。「食べていない」ところまで追い込まれた人たちが増えています。

 NPOささしま共生会は聖公会、カトリック、教団、福音ルーテル、YWCAや市民団体などによって設立。野宿生活者の生命と人権を守るための事業・活動を継続しています。事務局は日本聖公会中部教区センター内(3階)。
      電話 052ー841ー3021
      ホームページ ささしま共生会で検索

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.92  2009年10月24日

法務大臣 千葉景子さま
 
 私たちが所属する聖公会はイギリス国教会の流れをくむキリスト教の一教派で、…日本聖公会においては約58,000人の信徒を有しております。この中には死刑の判決後キリスト教の信仰を受け入れ、…悔い改めと償いの日々を送っている名古屋聖ステパノ教会の信徒6人も含まれています。…これまで死刑の執行により4人の同心の友を失いました。…生涯をかけて罪を償おうとする彼らの贖罪の道が奪われて来たのです。
 私たちは、神より与えられた全ての人の生命と人権を守るキリスト者の信仰に立って死刑制度の廃止を願い、死刑制度に関する議論を尽くすよう、死刑執行命令書に捺印をしないよう強く訴えて参りました。
 私たちは、千葉法務大臣の、…人権擁護に向けた永きに亘る諸活動に心から敬意を表すると共に、大きな期待を寄せて参りました。…
 是非とも、数多くの死刑廃止を訴える国民の声に耳を傾け、…死刑制度の廃止に向けた取り組みを早急にされますよう、また、その制度が廃止されるまで、決して死刑執行命令を下さないよう強く要請致します。(本文から抜粋しました)
             2009年10月14日
                 名古屋聖ステパノ教会信徒一同

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.91 2009年10月17日

 金大中さん

 8月18日、金大中さんがお亡くなりになった。命をおびやかされること5回、死刑囚として監獄に6年、10年以上の亡命生活と自宅軟禁。決して屈しなかった。8月23日国葬。国軍の吹奏する数々の葬送曲の中に「朝露 アチミスル」があった。朴正煕政権弾圧下、学生運動の抵抗歌である。


朝露 アチミスル     

 夜明け前の 草葉にやどる 真珠よりきれいな 朝露のように
 わたしのこころに 悲しみやどれば 朝 丘にのぼり 
そっと微笑んでみる 太陽は墓場を赤く照らし 真夏の暑さ 
試練のときか わたしは行く あの荒野に 悲しみはすて 
わたしは行く


 1973年、金大中事件。韓国の中央情報部(KCIA)によって東京のホテルから拉致。殺害寸前から生還。その後、両国政府はこの事件を闇に葬る。この事件の真相解明は必ず果たされなければならない。


ご 案 内

☆講演会 「パレスチナ人権の臨界から世界が照射されるとき」     
お話 岡真理さん 京都大学教授 現代アラブ文学研究
      10月31日(土)13:30~16:30
      名古屋YWCA 参加費 500円 

 
お願い 

3伝道区、各教会の教役者・信徒の皆さま! 教会や地域の動き、平和や人権、幸福を  
めざす動きを、教区センターへお寄せ下さい。それらを共有してお祈りすることができます。

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.90 2009年10月10日

岸田靜枝さんに勇気百倍を!

「君が代が弾けないのです」。このことで処罰される。
   一体どういう世の中なのでしょうか。


       岸田靜枝さんのお話を聞く会

    「君が代」にこだわり続けて
      ~ 私はピアノ伴奏ができない ~
  11月7日(土) 午後2時~4時 中部教区センター 


  30ほどの席を一杯にして岸田さんを囲みたい!
  愛岐伝道区の教役者・信徒のみなさん、どうかお出かけください。
遠方のみなさん、どうぞお祈りしてください。 

  岸田さんは東京教区の信徒で、主にある姉妹です。とても優しい方 
で、「中部教区のみなさんが私なんかの話を聞いてくださるなんてほんとにうれしいです」と、とても楽しみにしておられます。
 みんなでお迎えして、お聞きしましょう。「共感できる!」も「何か分からない!」も。ワイワイとディスカッションしましょう。みんなが繋がるとみんながハッピー。岸田さんもきっと勇気百倍です。
(詳しくは教会にございますチラシをご覧ください。なお、この会の記録は後ほどお届けする予定です。)  

PageTop

憲法プロジェクト ニュースレター  NO.89 2009年10月3日

可児ミッション
 
 「宣教150年」に際して来日されたパチャオ主教は、9月20日可児を訪問、聖餐式をなさいました。はるばるのご来訪に、コルディエラ出身の皆さんには感激もひとしおでした。
 また、午後には可児、美濃加茂に散在するカトリックなどフィリピン人他教派の小グループを訪問。励ましと祝福をなさいました。心待ちにしておられたそうです。皆さんは廃業したバーやパチンコ店などで集まりを持っておられるとのこと。 
 グレン執事はこれらの人びとにも開かれた、希望の教会をイメージしておられます。       


平和のうた・反戦のこころ 9

   昇る日のひかり仰ぎてわれ願う
          国々の幸人々の幸  竹村たか子 滋賀

   Looking up at the rising sun,my wish is
for all countries and people to be happy.
                    (1943年の平和憲法記念歌集から) 


ご 案 内

☆ 教会と人権を考えるセミナー 
 演劇と講演の集い 「もうやいこ」しよ~ 
 10月12日18時~20時 日本基督教団名古屋中央教会 

PageTop
  1. アレンジメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。